日本カメラ部【公式】JapanCameraClub

フイルムからデジタルまで、写真に関するあらゆることを研究しております。部員募集しております! We are studying everything about photography, from film to digital.

Hattifnattのつぶやき #6 「現場っていいよね」

みなさん、おはこんばんにちは!いつものHattifnattでございます。

 今日お伝えするテーマは、「現場っていいよね」でございます。現場ってまず想像するのは、「工事現場」ですかね?それ以外にも「仕事してる人の現場」、「~してる現場」…などなど。今日はそんな現場を集めてみました。

 と、言ってもただの「現場」ではございません!撮影に使ったカメラは、Konica株式会社製(現:コニカミノルタ)の「現場監督28WB」を使った撮影です。

 要するに、「現場監督を使った現場の写真」でございます!

ちなみに、このカメラは、フィルムカメラのワタナベ様より寄贈していただきました。ここに感謝いたします。

 

f:id:JapanCameraClub:20181011234354j:plain

1枚目「テスト撮影の現場」

 ビックカメラで2CR5という少し特殊な電池を買って、友達が乗るバス待ちながら、「使えるかな?」「どうだろうね?」なんて話ながら適当に一枚撮った写真です。当然ながら、真っ暗です(笑)

 

f:id:JapanCameraClub:20181011234539j:plain

2枚目「事故の現場」

 たまたま降りた駅で事故が起きたみたいです。警察の事故処理車が来て、なにやらやっておりました。このカメラは28mmなので、結構広く撮れます!これなら、現場監督のおじさんも簡単に撮影できます!ただし、暗いところでの手ブレは注意です!

 

f:id:JapanCameraClub:20181011234723j:plain

3枚目「水道工事の現場」

 なにやら、地面を掘って水道工事のようです。配管の交換ですかね?工事現場を見ていると、ついつい現場監督は誰なんだろうと探してしまいます(答えはわかりません)。

 

f:id:JapanCameraClub:20181011235008j:plain

4枚目「舗装工事の現場」

 サイクリングロードから撮った、舗装工事の現場です。割と現場の範囲が広いですね…。北海道は雪の影響ですぐにアスファルトにヒビが入ってしまいます。しかし、これでも本州とはちがう、かなり柔らかいアスファルト使っています。また、砕石を途中の層に入れることによって、水はけを良くしています(水はけが悪いと、中に水が溜まってそれが凍って膨らみ、余計にひび割れます)。どうですか?勉強になるブログでしょう?

 

f:id:JapanCameraClub:20181011235326j:plain

5枚目「建設現場の現場」

 この時間は、もう工事自体は終わっていました。みなさん帰る準備をしております。

 

f:id:JapanCameraClub:20181011235446j:plain

6枚目「現場の中の現場」

 現場の中撮影してみました。ここは新しくビルが建つらしいので楽しみです。日立製の大きなキャタピラの油圧ショベルカーがかっこいいですね!

 

f:id:JapanCameraClub:20181012000049j:plain

7枚目「現場の中の人を撮った現場」

 こちらは、先程の工事現場から出てきた警備員さんです。まさに、現場の中の現場の人!もう少しカメラを下に向ければよかったかなと後悔…。

 

f:id:JapanCameraClub:20181012000244j:plain

8枚目「ハト会議の現場」

 大通公園では、ハトの会議が行われおりました。残念ながら、私はハト語が分からないため、議題は把握できませんでしたが、たぶん、大通公園とうきび移動販売について話されていたと思います。ちなみに、とうきびワゴンの出始めのときは、前の年のとうきびを使っていることが多いので、旬の時期に食べることをおすすめします。(とうきびは北海道の方言で、トウモロコシのことです)

 

f:id:JapanCameraClub:20181012000442j:plain

9枚目「駐輪場設置工事の現場」

 札幌のアニメイトの近くでは、地下駐輪場の設置工事が進んでおります。収容台数約1550台、エレベーターではなくスロープでの出し入れらしいです。また、大通駅から狸小路への地下歩行空間としての機能もあるらしいです。完成予定は、2019年とのこと。とてつもなくローカルなネタでごめんなさい!

 

f:id:JapanCameraClub:20181012000853j:plain

10枚目「親子重機の現場」

 9枚目の現場の近くです。大小2台のショベルカーが親子みたいで可愛いですね。6枚目の日立製のショベルカーはさらに大きいです。

 

f:id:JapanCameraClub:20181012001133j:plain

11枚目「なにかあった現場」

 たぶん、事故でしょう…。車がぶつかったようです。事故は一瞬償いは一生などスローガンはよく見かけますね。スピード出し過ぎと、車間距離保持は意識しましょう。

 

f:id:JapanCameraClub:20181012001439j:plain

12枚目「インサート撮影の現場」

 どこかのテレビ局の方が、大通公園のインサートを撮影しておりました。それだけです。

f:id:JapanCameraClub:20181012001553j:plain

13枚目「タワークレーンの現場」

 みんなだいすき、建設現場のクレーンでございます。業界ではこのクレーンのことを、「タワークレーン」と呼んでいますが、正式名称は「クライミング式ジブクレーン」でして、ジブクレーンの仲間なんですね。ジブクレーンとは、腕があるクレーンのことです。ちなみに港湾にいるコンテナ用のクレーンは、ガントリークレーンといい、別名キリンという名前がついております。(現場の話も織り込んでおきます)

 

 

f:id:JapanCameraClub:20181012003354j:plain

14枚目「休みの現場」

 この日は、休日で建設現場もひっそりしております。この中でひたすら写真撮りたい欲に駆られますが、不法侵入は犯罪ですよ!

 

f:id:JapanCameraClub:20181012003842j:plain

15枚目「国旗降納の現場」

 国旗掲揚とは、国旗を上げるときの言葉です。これは片付けているときの現場です。降ろすときは、降納という言葉を使います。最後のコマなので、少し切れちゃってますね。そこがまたフイルムのいいところです(個人の意見です)。

 ちなみに、フイルムは、期限が切れた、FUJIFILM「FUJICOLOR SUPER G ACE ISO400」(有効期限1996.6)のフイルムを使いました。全体的に感度が下がって暗い写真が多いですね。

 それでは、おやすみなさい。

 

 

 

★執筆者:HattifnattMoser

 



著作権


当ブログ内で掲載されているすべての内容の著作権は、日本カメラ部及び執筆者又は写真提供者に帰属します。当サイトのダウンロード、プリントアウトその他の方法による複製は、個人又は家庭内での限られた範囲における私的な使用に限らせていただきます。著作権法で認められている範囲を超えて、当社に無断で転用、転載することはお控えください。

 

 

免責事項


日本カメラ部及び執筆者は、当ブログに情報を掲載する際には細心の注意を払っておりますが、時として不正確な記載を含む場合があります。このような場合において、記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、日本カメラ部及び執筆者は責任を負いかねます。
当ブログの情報又はプログラムは予告なしに変更・更新されることがありますのであらかじめご了承ください。
また、これらの変更・更新により生じたいかなる損害に関しても、日本カメラ部及び執筆者は責任を負いかねます。
当ブログからリンクする日本カメラ部以外のサイト(以下「リンクサイト」といいます)をご利用された場合に生じる損害、リンクサイトの内容、及びリンクサイトにおける個人情報の取り扱いについて、当社は一切の責任を負いかねます。
リンクサイトの情報提供が予告なしに中断もしくは停止され、当ブログ利用者の皆様が、情報入手の遅れや情報の損失、その他の損害をこうむった場合でも、日本カメラ部及び執筆者は一切の責任を負いかねます。