日本カメラ部【公式】JapanCameraClub

フイルムからデジタルまで、写真に関するあらゆることを研究しております。部員募集しております! We are studying everything about photography, from film to digital.

ライカで接写撮影

お久しぶりです。@kenichiA380です。

今日はライカで接写する方法を見てみましょう。

 

レンジファインダー機は、一眼レフのようにレンズから入ってきた像を直接見れないので、クローズアップフィルターや、中間リングをつけるだけでは、どこを撮影しているのか、ピントは合っているのかという確認が正確にできませんでした。

f:id:JapanCameraClub:20181006202016p:plain

さらにレンジファインダー機はパララックス(撮影するレンズとファインダーの間に発生する差)が生じ、撮影するものが遠くにあればあるほどその差は小さくなり、近くなるほど大きくなります。あとバルナックライカは距離計の設計上1mまでしか近寄れませんでした。そのせいで、ライカで接写をするのは難しかったのです。そこでライツ社があの手この手を尽くした結果、NOOKYという接写リングが完成したのです。

 

f:id:JapanCameraClub:20181006182212j:plain

手持ちのNOOKY-HESUM後期型

f:id:JapanCameraClub:20181006191842j:plain

ズミタール5cm F2 + NOOKY-HESUM後期 + IIIf

このNOOKYをつけることによって1m~∞までだった撮影距離が、0.44m~1mまで寄れるようになります。NOOKYについてる丸い偏光板によって距離計もしっかり連動します。さらに、撮影距離に応じてパララックス補正用のマスクも出てきます。

 

f:id:JapanCameraClub:20181006192552j:plain1m(1:17,5)の位置f:id:JapanCameraClub:20181006192914j:plain0.44m(1:6,5)の位置

f:id:JapanCameraClub:20181006193117j:plain

f:id:JapanCameraClub:20181006193123j:plain

 

NOOKYにも数種類あり、

NOOKY : エルマー5cm F3.5

NOOKY-HESUM前期 : ズマール5cm F2、ヘクトール5cm F2.5

NOOKY-HESUM後期 : ズミタール5cm F2、ズマール5cm F2、ヘクトール5cm F2.5

SOOKY : ズミクロン5cm F2

SOOKY-M(Mマウント) : ズミクロンM50mm F2、エルマーM50mm F2.8

があるそうです。ちなみにNOOKYだとかSBOOIだとかSOOPDだとか、ライツは5文字の名前のものが多いですが、これは昔電報で注文するときに使ったコードなんだそうです。なので一応別に商品名があり、NOOKYはOptisches Naheinstellgerätと元箱に書いてあるそうです。かっこいいですねぇドイツ語。

 

SOOKYでエルマー5cm F2.8(L39)が使えるなんて情報も見たのですが、定かじゃないので持ってる人は試してみるといいかもしれません。

 

IIIb以前のライカはNOOKY-HESUMの後期以降をつけるとパララックス補正窓が若干斜めにズレます。逆も同様にIIIc以降にNOOKYやNOOKY-HESUM前期をつけると若干ずれます。動作に影響はないので撮影も影響しませんけどね。

装着するときはレンズを沈胴させて、レンズの爪とNOOKYの爪を引っ掛けます。

 

では、NOOKY-HESUM後期とズミタール5cm F2で撮った写真を貼っておきます。

 

 

もうひとつ、ライカで接写をする方法が存在します。それはライカを一眼レフにしてしまう方法です。ビゾフレックスというレフボックスを使うとできるのですが、その紹介はまた今度手に入れたらしようと思います。

著作権


当ブログ内で掲載されているすべての内容の著作権は、日本カメラ部及び執筆者又は写真提供者に帰属します。当サイトのダウンロード、プリントアウトその他の方法による複製は、個人又は家庭内での限られた範囲における私的な使用に限らせていただきます。著作権法で認められている範囲を超えて、当社に無断で転用、転載することはお控えください。

 

 

免責事項


日本カメラ部及び執筆者は、当ブログに情報を掲載する際には細心の注意を払っておりますが、時として不正確な記載を含む場合があります。このような場合において、記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、日本カメラ部及び執筆者は責任を負いかねます。
当ブログの情報又はプログラムは予告なしに変更・更新されることがありますのであらかじめご了承ください。
また、これらの変更・更新により生じたいかなる損害に関しても、日本カメラ部及び執筆者は責任を負いかねます。
当ブログからリンクする日本カメラ部以外のサイト(以下「リンクサイト」といいます)をご利用された場合に生じる損害、リンクサイトの内容、及びリンクサイトにおける個人情報の取り扱いについて、当社は一切の責任を負いかねます。
リンクサイトの情報提供が予告なしに中断もしくは停止され、当ブログ利用者の皆様が、情報入手の遅れや情報の損失、その他の損害をこうむった場合でも、日本カメラ部及び執筆者は一切の責任を負いかねます。