日本カメラ部【公式】JapanCameraClub

フイルムからデジタルまで、写真に関するあらゆることを研究しております。部員募集しております! We are studying everything about photography, from film to digital.

Hattifnattのつぶやき #2 「街歩き撮影すゝめ」

おはこんばんにちは!

Hattifnattでございます。

 

題名を、「街歩き日記」にしようかなと思ったのですが、シリーズ化できて、なんでもかけるように、つぶやきのままにしようかなと思います。

 

今日は、休日だったので、久々に歩きました。

はい、Twitter知らない方もいるかも知れませんが、私は歩くのが大好き。

車の免許を持ってからは、ドライブも好きですが、歩くのも好きです。

そんな私は、「街歩き撮影推進派」です。

 自分の街、旅行に行った街は、どんどん歩いてほしいと思います。

 

カメラは、Canon EOS KissX6i

レンズは、

Super-Takumar1:3.5/28

Super-Multi-Coated TAKUMAR 1:4/200

です。

写真見て、どっちのレンズ使ったんだろう…?と推察してみてください。

 

 

f:id:JapanCameraClub:20180831215411j:plain

こちらは、函館本線札沼線学園都市線)の高架下の駐車場

親子三世代、仲良く移動中でございます。

 

 

f:id:JapanCameraClub:20180831215554j:plain

このあたりは、大学の寮が建ち並び、道も細くなっております。

駐車されると、みんなが困ります…。

 

 

f:id:JapanCameraClub:20180831215710j:plain

今流行りの、#真四角写真

ひらがななのかな?

僕と、友達が写っております。

 

 

 

f:id:JapanCameraClub:20180831220204j:plain

「水道分水せん」

なんのためにあるんですかね?

調べてみると、大本の水道管から、家の給水管に分岐するところの栓のことで、たぶん、それの位置を教えてくれるプレートだと思われます。

剥がれ落ちて、バンドでまとめてありました。

手で動かせるくらいだったけど。

 

 

 

f:id:JapanCameraClub:20180831220553j:plain

こちらは、札幌市重要文化財に指定されている、「清華亭」のシャンデリアです。

北海道の開拓を担っていた、開拓使の貴賓接待所として使われた建物で、無料で見学することができます。

清華亭については、こちら

 

和洋折衷の建物で、

玄関は、和風で靴を脱ぎ、

1つ目部屋は、洋風なシャンデリアでお出迎え、

奥の部屋は、書院造りの和室

とてつもなくおしゃれな建物でした。

ちなみに、開拓使ゆかりの建物には、五稜星(星マーク)が掲げられていることが多く、見分けるポイントの一つです。

 

 

 

f:id:JapanCameraClub:20180831221102j:plain

さいごはこちら。

カラオケの呼子のお姉ちゃん。

顔が見えないので、肖像権的にセーフ(のはず)

くわしくは、こっちみてね!

japancameraclub.hatenablog.jp

 

きょうはここまで!

愛国心を叫ぶと嫌われる日本ですが、日本カメラ部と名乗っているので、みんなも、日本の風景なり、人なり、なんなりをたくさん撮りましょう!

 

入部希望者は、ご連絡ください。

Twitterのほうが反応が早いと思います。

 

 

★執筆者:HattifnattMoser

著作権


当ブログ内で掲載されているすべての内容の著作権は、日本カメラ部及び執筆者又は写真提供者に帰属します。当サイトのダウンロード、プリントアウトその他の方法による複製は、個人又は家庭内での限られた範囲における私的な使用に限らせていただきます。著作権法で認められている範囲を超えて、当社に無断で転用、転載することはお控えください。

 

 

免責事項


日本カメラ部及び執筆者は、当ブログに情報を掲載する際には細心の注意を払っておりますが、時として不正確な記載を含む場合があります。このような場合において、記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、日本カメラ部及び執筆者は責任を負いかねます。
当ブログの情報又はプログラムは予告なしに変更・更新されることがありますのであらかじめご了承ください。
また、これらの変更・更新により生じたいかなる損害に関しても、日本カメラ部及び執筆者は責任を負いかねます。
当ブログからリンクする日本カメラ部以外のサイト(以下「リンクサイト」といいます)をご利用された場合に生じる損害、リンクサイトの内容、及びリンクサイトにおける個人情報の取り扱いについて、当社は一切の責任を負いかねます。
リンクサイトの情報提供が予告なしに中断もしくは停止され、当ブログ利用者の皆様が、情報入手の遅れや情報の損失、その他の損害をこうむった場合でも、日本カメラ部及び執筆者は一切の責任を負いかねます。