日本カメラ部【公式】JapanCameraClub

フイルムからデジタルまで、写真に関するあらゆることを研究しております。部員募集しております! We are studying everything about photography, from film to digital.

Contax IIIa 大分解

どうも、またまた@kenichiA320です。

 

今日はコンタックスIIIaの分解をしたので、分解手順を載せようと思います。コンタックスIIIaは露出計以外IIaと全く同じなのでパーツも互換です。

分解前にネットにサービスマニュアルとか無いか見ましたが、海外のフォーラムに英語で書かれた分解記事ぐらいしか検索に引っかからなかったので、自分で分解して手順をまとめました。

 

分解を始める前に一つ。

コンタックスIIIaはものすごく複雑なカメラです。一度最後まで読んでから分解してください。もちろん分解は自己責任です。

ファインダーを清掃しようと思ってもシャッターユニットを外さないと出来ないので、軽い気持ちでバラすと悪夢を見ます。

 

 

 

では、覚悟を決めた勇者さんはエクスキャリバー(ドライバーですw)を持って出発!

 

 

 

まず巻き上げノブを外します。ここの中にクリック用のボールが入っているのでなくさないように気をつけてください。いきなりハード(-_-;)

f:id:JapanCameraClub:20180829000826j:plain

 

 

露出計のダイヤルを外していきます。戻すときはASAを指してる赤い矢印が上に来るようにしてください。

f:id:JapanCameraClub:20180829001138j:plain

 

次にチャージノブを外します。ここもネジが3つあります。

f:id:JapanCameraClub:20180829001253j:plain

 

外すとこうなります。順番があるので気をつけましょう。

f:id:JapanCameraClub:20180829001358j:plain

 

どんどん外していきましょう。

f:id:JapanCameraClub:20180829001731j:plain

 

ここはワッシャーが二枚入っています。

f:id:JapanCameraClub:20180829001943j:plain

 

トップカバーのネジを外します。まだトップカバー自体は外れないです。

f:id:JapanCameraClub:20180829002123j:plain

 

この中のネジを回すと露出計の調整が出来ますが、カニ目回しを使って外側を外します。もし中のネジを触ってしまったら、暗めの場所で露出計のカバーを閉じて、ひし形の下にある点に針が合うように調整します。

f:id:JapanCameraClub:20180829002255j:plain

 

 露出計のカバーを外していきます。もう片方にもあるので外しましょう。外れるとメーターのガラスがフリーになるので落として割らないように気をつけましょう。

f:id:JapanCameraClub:20180829002928j:plain

 

ここのネジを外すと露出計のカバーが外れます。キツいときは赤いネジを緩めると外しやすいです。

f:id:JapanCameraClub:20180829003058j:plain

 

露出計のカバーが外れればトップカバーも外れます。

露出計を外します。画像では隠れてますが、右下の方にもネジがあります。黄色いネジは最後に外してください。

f:id:JapanCameraClub:20180829013935j:plain

 

ここまで分解したパーツです。さっきのボール、なくしてませんよね?

f:id:JapanCameraClub:20180829010354j:plain

露出計が外れたら次はフロント側を外していきます。ここから難易度が跳ね上がるので戻るなら今のうちです...

 

青いネジを外せばフロントカバーは外れます。赤いネジは外すとカバーのガラスが外れますが戻すのが大変なので気をつけてください。

ついでにセルフタイマーのレバーも外しましょう。

f:id:JapanCameraClub:20180829004435j:plain

 

左下と右下のネジは長さが違うので気をつけてください。左のほうが長いです。

f:id:JapanCameraClub:20180829004524j:plain

 

ここがコンタックスの中で一番の最難関です。時間をかけてゆっくりやってください。

なにかおかしいと感じたらすぐ作業を止めて、慎重に確認してから作業しましょう。

f:id:JapanCameraClub:20180829004645j:plain

 

コンタックスはライカと距離計の連動方式が違います。ビームスプリッターの先にツァイス名物のドレイカイルプリズムがあり、その角度で二重像ができます。

この連動ユニットを外す前に必ずギアにマークを付けておいてください。マークを付けないと距離計がズレます。ケガキをするのが一番です。

f:id:JapanCameraClub:20180829004854j:plain

 

そして勝手にくるくる回らせないためにテープで止めておきます。

f:id:JapanCameraClub:20180829005413j:plain

連動ユニットを外す準備ができたら先に進みます。

 

ココらへんから疲れてきます。マジでキツイ

黄色い部分はクリップで止まっています。外すときは絶対飛び出すので気をつけてください。なくしたらOrzです。

ネジを外したら無限遠ロックレバーと距離計連動ユニットとヘリコイドが外せますが、コツがいるのでゆっくり焦らず外します。

ヘリコイドを止めているネジの下にワッシャーがあるのできちんと回収しておきましょう。

f:id:JapanCameraClub:20180829005632j:plain

 

ここのバネもなくさないように気をつけましょう。

f:id:JapanCameraClub:20180829010209j:plain

 

ここまで外したパーツです。ヘリコイドを固定してるネジの下にあるワッシャーは5つです。

f:id:JapanCameraClub:20180829010643j:plain

 

山場を超えましたよ。もう少しです。

ここのネジを外すとシャッターユニットが外れそうで外れません。巻き上げシャフトも外しましょう。

f:id:JapanCameraClub:20180829011956j:plain

 

巻き上げシャフトを外してシャッターユニットを外します。ここも無理な力は加えず、ゆっくり慎重に外しましょう。下手するとビームスプリッターを傷つけます。シャッターユニットを外すとギアがポロっと落ちます。これもなくさないように気をつけましょう。落ちたギアはここに来ます。

f:id:JapanCameraClub:20180829014125j:plain

 

これで分解は完了です。

f:id:JapanCameraClub:20180829012136j:plain

 

ビームスプリッターは圧着されているので圧板を外せば取れます。

 

コンタックス名物、ビームスプリッターです。

f:id:JapanCameraClub:20180829012701j:plain

 

ここまで分解したパーツを見てみましょう。壮観ですね...

しかし帰るまでが遠足です。組み立ては分解と逆の手順を追っていけばいいですが、注意が2つあります。

f:id:JapanCameraClub:20180829012534j:plain

 

 無限遠ロックレバーを戻す時、バネも忘れずに戻してください。その時に、ロックレバーの溝にスプリングを引っ掛けます。

f:id:JapanCameraClub:20180829013143j:plain

 

そして最後に戻す巻き上げノブですが、クリック用のボールを忘れないでください。

シャフトにバネの入った穴があるのでそこに入れてください。

f:id:JapanCameraClub:20180829013236j:plain

 

以上、コンタックスIIIaの大分解でした。ダンジョン攻略お疲れ様です(違

 

著作権


当ブログ内で掲載されているすべての内容の著作権は、日本カメラ部及び執筆者又は写真提供者に帰属します。当サイトのダウンロード、プリントアウトその他の方法による複製は、個人又は家庭内での限られた範囲における私的な使用に限らせていただきます。著作権法で認められている範囲を超えて、当社に無断で転用、転載することはお控えください。

 

 

免責事項


日本カメラ部及び執筆者は、当ブログに情報を掲載する際には細心の注意を払っておりますが、時として不正確な記載を含む場合があります。このような場合において、記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、日本カメラ部及び執筆者は責任を負いかねます。
当ブログの情報又はプログラムは予告なしに変更・更新されることがありますのであらかじめご了承ください。
また、これらの変更・更新により生じたいかなる損害に関しても、日本カメラ部及び執筆者は責任を負いかねます。
当ブログからリンクする日本カメラ部以外のサイト(以下「リンクサイト」といいます)をご利用された場合に生じる損害、リンクサイトの内容、及びリンクサイトにおける個人情報の取り扱いについて、当社は一切の責任を負いかねます。
リンクサイトの情報提供が予告なしに中断もしくは停止され、当ブログ利用者の皆様が、情報入手の遅れや情報の損失、その他の損害をこうむった場合でも、日本カメラ部及び執筆者は一切の責任を負いかねます。