日本カメラ部【公式】JapanCameraClub

フイルムからデジタルまで、写真に関するあらゆることを研究しております。部員募集しております! We are studying everything about photography, from film to digital.

ネガフィルムの反転と補正

どうも皆さん、@kenichiA320です。

 

今日は手動でネガフィルムの色を反転して、補正する方法を教えようと思います。

自分はRawTherapeeというRAW現像ソフトを使いますが、トーンカーブをいじれるソフトなら何でも問題ないと思います。LightroomとかPhotoshopを持ってる人はおとなしく自動補正使いましょう。多分そっちのほうがきれいに仕上がります(´・ω・`)

 

RawTherapee Downloads

 

Macにも対応してるので自分のパソコンに合ったものを選んでください。今回の作業環境はバージョン5.4です。

 

次は反転と補正をするネガのデータを用意しましょう。スキャナーがあれば一番いいですけどスキャナーがある時点で勝手に反転と補正をしてくれますからね...

まあライトボックスかビューワーなどの光源を下に置いて、ネガフィルムを載せて、クローズアップかマクロレンズを付けたカメラを三脚で固定してパシャリと撮影すればいいです。ISOはできるだけ低くするとノイズが減ります。あと、ネガの下地も一緒に写してください。

f:id:JapanCameraClub:20180827202408p:plain

パソコンで取り込んで読み込ませるとこんな感じになるはずです。暗かったりしたら自動露出補正を押せばいい感じに明るくしてくれます。もし写真が斜めっていたら、角度を調整しておきましょう。

 

f:id:JapanCameraClub:20180827203342p:plain

ネガの写真が写ってる境界をドラッグして線を引くと、それに合わせて角度を直してくれます。

f:id:JapanCameraClub:20180827203504p:plain

 

次にホワイトバランスをネガの下地に合わせてオレンジを抜きます。

f:id:JapanCameraClub:20180827202925p:plain

スポイトみたいなやつをクリックしてからネガの下地をクリックしましょう。

 

f:id:JapanCameraClub:20180827203055p:plain

オレンジが抜けるとこのようになります。次に、写真が写ってる範囲を選択します。

 

ここで注意するのは、選択範囲を絶対に写真からはみ出させないことです。

f:id:JapanCameraClub:20180827204034p:plain

うまくいくと左上の荒ぶっていたヒストグラムが落ち着くはずです。

 

そうしたら右上にあるメニューから三原色マークをクリックして、RGBカーブのある場所まで行きます。RGBカーブの右にある電源ボタンがついてるのをチェックしてください。その次にチャンネルにあるR,G,Bそれぞれの横にある▼からカスタムを選んでください。

f:id:JapanCameraClub:20180827213657p:plain

 

 

ここでR,G,Bそれぞれのカーブを反転させます。点をクリックして矢印の方向にドラッグします。

f:id:JapanCameraClub:20180827205145p:plain

反転がうまくいくとこんな感じなります。しかし白くモヤが掛かっててビミョーなのでここから補正をしていきます。

f:id:JapanCameraClub:20180827205350p:plain

 

左上のヒストグラムを見ながら矢印の方向にカーブの点を動かします。動かしてるチャンネルのカーブのヒストグラムが動くはずです。これをヒストグラムの端ギリギリまで動かしましょう。

f:id:JapanCameraClub:20180827205818p:plain

 

そしてR,G,Bそれぞれうまく調整できるとこのようにまります。

f:id:JapanCameraClub:20180827210926p:plain

 

-------------

たまに露出過多や露出不足のネガで、少し動かすと端の方でトゲが生えてくるヒストグラムがあります。こういう場合はトゲが出ないギリギリの場所に合わせましょう。多少トゲが出てても問題ないです。

f:id:JapanCameraClub:20180827210512p:plain

これをうまく調整するとこのようになります。

f:id:JapanCameraClub:20180827211538p:plain

-------------

 

 

さて、だいぶ見やすくなって来たんじゃないですかね。

f:id:JapanCameraClub:20180827210814p:plain

 

次に、カーブの点と点の間の距離をざっくり見ます。その中心の場所をクリックしてカーブに新しい点を作ります。

f:id:JapanCameraClub:20180827212030p:plain

それを、カーブに薄っすらと引かれている対角線に乗せます。これもR,G,Bそれぞれにやります。

f:id:JapanCameraClub:20180827212334p:plain

 

これで補正が完成しました!(゚∀゚)

f:id:JapanCameraClub:20180827212411p:plain

 

あとは保存するだけです。

上にあるメニューから今編集してる写真を右クリックしてキューに追加します。

f:id:JapanCameraClub:20180827212709p:plain

 

キューに行くと保存先やら保存フォーマットやら設定できるので設定したあと、オフになってるスイッチをクリックすると処理が始まります。

f:id:JapanCameraClub:20180827212803p:plain

 

そして保存されたのがこちら。ホコリが写り込んでますね... まあ自分でどんな写真が撮れたか確認するには手っ取り早いですが、やっぱりお店にちゃんとスキャンをお願いしたほうがきれいですね(-_-;)

f:id:JapanCameraClub:20180827212953j:plain

 

 

 

ちなみにモノクロフィルムのネガでやるときは、RGBカーブっではなく白黒を使いましょう。することはRGBカーブでやったようにカーブを調整するだけです。

f:id:JapanCameraClub:20180827213511p:plain

 

著作権


当ブログ内で掲載されているすべての内容の著作権は、日本カメラ部及び執筆者又は写真提供者に帰属します。当サイトのダウンロード、プリントアウトその他の方法による複製は、個人又は家庭内での限られた範囲における私的な使用に限らせていただきます。著作権法で認められている範囲を超えて、当社に無断で転用、転載することはお控えください。

 

 

免責事項


日本カメラ部及び執筆者は、当ブログに情報を掲載する際には細心の注意を払っておりますが、時として不正確な記載を含む場合があります。このような場合において、記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、日本カメラ部及び執筆者は責任を負いかねます。
当ブログの情報又はプログラムは予告なしに変更・更新されることがありますのであらかじめご了承ください。
また、これらの変更・更新により生じたいかなる損害に関しても、日本カメラ部及び執筆者は責任を負いかねます。
当ブログからリンクする日本カメラ部以外のサイト(以下「リンクサイト」といいます)をご利用された場合に生じる損害、リンクサイトの内容、及びリンクサイトにおける個人情報の取り扱いについて、当社は一切の責任を負いかねます。
リンクサイトの情報提供が予告なしに中断もしくは停止され、当ブログ利用者の皆様が、情報入手の遅れや情報の損失、その他の損害をこうむった場合でも、日本カメラ部及び執筆者は一切の責任を負いかねます。