日本カメラ部【公式】JapanCameraClub

フイルムからデジタルまで、写真に関するあらゆることを研究しております。部員募集しております! We are studying everything about photography, from film to digital.

RF機のお話

你好,@kenichiA320です。

日本カメラ部とか言っときながら自分は中国人だったりします。

なので海外の方も大歓迎ですよ!

 

今回は自分のレンジファインダー(RF)機について書こうかと思います。まあ自分もまだ使い始めてから3,4ヶ月ほどしか経ってないんですけどね。でその3,4ヶ月ほどもなかなか濃いものでした。

 

一番最初に手に入れたRF機はLeica DIII、1936年製です。友達がソ連レンズのIndustar-22と一緒に破格で譲ってくれたものです。

 

こじんまりとしてて丸みを帯びてて可愛らしいカメラです。DIIIはなんと職人さんが板金を叩いて外装を作ったそうな。

 

古いライカは、ファインダーとレンジファインダーが独立している二つ眼式レンジファインダーです。なのでピント合わせと構図は別の穴を覗いて行います。あとフィルムにちょっと細工をしてやらないと入ってくれません。シャッターダイヤルもシャッターを切るとクルッと回って、回ってる間に指でも当たるとそのコマはダメになります。可愛さとは裏腹に結構面倒なカメラ。美少女はかまってちゃんなんでしょうかね?

f:id:JapanCameraClub:20180826220140j:plain

 

そして意気揚々とテスト撮影にでかけましたが...

f:id:JapanCameraClub:20180826221629j:plain

盛大な露光ムラが出てました... その友達は置物としてライカを飾ってたのでまあ仕方がないですね。

というわけで自分で頑張って調整すると

f:id:JapanCameraClub:20180826221812j:plain

おおおぉ写ってるじゃないですか!

着けてるレンズも鷹の目と呼ばれたテッサーのデッドコピーなので素晴らしい写りをしてくれています。ソ連だからって侮ってはいけません。(ソ連沼へようこそ)

 

まあ残念ながらこのDIIIはもう寿命のようで、しばらくするとまたムラが出るようになってしまいました。新しいライカをお迎えすることにしたのです。

f:id:JapanCameraClub:20180826222415j:plain

今度はこちら、Leica IIIf、1954年製のセルフタイマー付きモデルです。IIIfはもう板金ではなく鋳造されているので、若干(ほんの2mmくらい)大きくなってますが、その分しっかりしてます。

 

ドイツ黄金の50年代なだけあって作りは最高です。

軍艦とか底蓋をさわるとスベスベで気持ちいいのです。

もうそれは毎日撫で回し続けてます。

 

こういうところもライカの素晴らしいところなんでしょうね。

このライカを買ったときに、ついでにElmar 5cm用フードとNikkor-QC 135mm F3.5も買いました。Elmar用フードはIndustar-22に見事にくっつきます。

f:id:JapanCameraClub:20180826222809j:plain

 

現像から上がってきたインデックスプリントを見て飛び跳ねまわりたい気分になりましたよ。半世紀前のカメラでこんな写真撮れるんですよ。

 

どうでもいい話ですが、自分はライカを可愛いと思ってるんです。アンケートを

 

で取ったらかっこいい派が多かったです。はい。

 

あとDIIIは妹の机の傍らでインテリアとして余生を送ってます。かなりシャレオツな空間です。

 

 

 

とまあ物欲は止まることを知りません。新たなRF機がやってきました。f:id:JapanCameraClub:20180826224223j:plain

Contax IIIa、1952年製です。めっちゃかっこいい。漂う威厳。伯爵の雰囲気。

お金の少ない学生なのでレンズは相変わらずソ連です。Jupiter-8MでF2のゾナーのコピーです。Lズミクロン欲しいです。いちごゾナー欲しいです。

このカメラはLeica IIIfとほぼ同時期に生産されたカメラです。なのにライカには無い不回転式シャッターダイヤル、内蔵露出計、プラスチックでできた鎧戸式のシャッターと、色々とライカよりすごいです。そして何よりも一つ眼式レンジファインダーを使っているので構図とピント合わせを別々の穴を見ながらしなくていいのです。(まあ50mm以外のレンズを着けたら外付けファインダー使わなきゃいけないんですけども)

いかにもデキるって感じの伯爵さんですね。

 

早速写真を撮ってくると...

f:id:JapanCameraClub:20180826225146j:plain

めちゃんこ使いやすいじゃないですか!!と言いたかったんですが、レンジファインダーの窓の位置が、自分の長い指で隠れてしまうことがありました。まあ慣れたので今はかぶらないですが、

それよりももっと大きな問題がありました。

f:id:JapanCameraClub:20180826225817j:plain

この写真を撮った時、ピントは顔に合わせたんですが、現像から上がってきたネガを見ると、腰あたりにピントが来てます。

これがJupiter-8M、もといゾナータイプのレンズにあるフォーカスシフトで、絞りを開放付近で撮ると本来の位置から手前にピントが来てしまうのです。まあ絞ってしまえばなんの問題もないので、F2.8以下はおまけということにしましょう。

 

やっぱりRF機は難しいですね... 一眼レフの便利さを再認識させてくれます。

 

とまあ、こんな感じに自分が使った三台のRF機の感想でした。

RF機、いいですよ。

著作権


当ブログ内で掲載されているすべての内容の著作権は、日本カメラ部及び執筆者又は写真提供者に帰属します。当サイトのダウンロード、プリントアウトその他の方法による複製は、個人又は家庭内での限られた範囲における私的な使用に限らせていただきます。著作権法で認められている範囲を超えて、当社に無断で転用、転載することはお控えください。

 

 

免責事項


日本カメラ部及び執筆者は、当ブログに情報を掲載する際には細心の注意を払っておりますが、時として不正確な記載を含む場合があります。このような場合において、記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、日本カメラ部及び執筆者は責任を負いかねます。
当ブログの情報又はプログラムは予告なしに変更・更新されることがありますのであらかじめご了承ください。
また、これらの変更・更新により生じたいかなる損害に関しても、日本カメラ部及び執筆者は責任を負いかねます。
当ブログからリンクする日本カメラ部以外のサイト(以下「リンクサイト」といいます)をご利用された場合に生じる損害、リンクサイトの内容、及びリンクサイトにおける個人情報の取り扱いについて、当社は一切の責任を負いかねます。
リンクサイトの情報提供が予告なしに中断もしくは停止され、当ブログ利用者の皆様が、情報入手の遅れや情報の損失、その他の損害をこうむった場合でも、日本カメラ部及び執筆者は一切の責任を負いかねます。